美味しい作物造り   ・糖質は味の母   ・資材と土壌菌種で味は変る

食味の母体は糖質で 糖質で造られる酸類 ビタミンと糖質で増殖する微生物が造るアミノ酸などで食味が造られるが 母体の糖質を多く造るために光合成と糖合成と菌類の健全増殖に必要なカルシュウム  マグネシュウム カリュウムと微量のナトリュウムなどのミネラルと大事なカビと多種類の共生菌がバランスよい増殖には高分子の植物繊維の施用  

 ・産廃の種類 動物 魚介類  植物でもチッ素含むたんぱく質にはアミノ酸組成で菌の種類が変るのと チッ素は良い菌は増殖できず食味も変ります

  ※チッ素は食味良くなくするのは 味を良くする菌が増殖しない反面悪くする菌が増殖のためとチッ素はアンモンニャ臭が出易いため

 ・菌は増殖後死活自己消化してアミノ酸 核酸を造るが 菌増殖状態と菌の種類でアミノ酸組成は変り食味も変わります

     食味よくなる土壌造りには少なくとも3年の月日が必要です良い菌の増殖は遅いため>  ※他の菌体使用は土着菌の増殖に影響し土壌は?

 ま と め                ・味造りの相談下さい・

   食味風味を良くする菌の健全増殖には酸素と糖合成に必要なミネラルと多種共生菌がバランスよい増殖には高分子の植物繊維

   植物繊維はカビ増殖によく カビは消化酵素を多く造り 土壌成分を低分子化する過程でそれそれれ多種が増殖に必要な栄養が造られる

                    … 味 よ く 育 て ば 多 く の 障 害 に 強 く な り 収 穫 も 安 定 し ま す …         個性癖)ない味は価値出ない>

   他の企業がクール 水耕  点滴液肥 屋内栽培などは主に化成肥料なので個性 価値ある食味は期待できないため 土耕栽培の価値が上がります

 人件費による大型による自動肥培システムは長い配管のため有機肥料は詰まるので主に化成肥料となるので食味が伴わないので 甘味のステビア アミノ酸な 

  どの添加物の施用で食味を求めるが  作物本来の爽やか感と風味が伴わないのと 健康食でないため価値は低下し販売は安くなる 

 大きな設備投資で付加価値上がらない作物作りで安定経営は保たれるとは思われない     水耕栽培はコピー作物?

    ・ 自然に逆らい 人と経費削減で価値ある作物は作れない・設備投資しなくても 自然利用で生産費安く価値ある作物が作れます

  ・土壌は無限の味を造る  ・作物は寒暖の差で生長し食味良くなる ・人口光と生の太陽での生育は比較にならない違いがある

   生産コストを考えいろいろな栽培方法で作られているが価値ある作物はあるのでしょうか? 

 

作物の加工食品に糖質多く個性的作物を

加工食品は糖質多く健全生育で個性的味の作物から

糖合成よい作物は細胞導管はキメ細かく数多く作られるので鮮度保持 食味食感良くなり細胞が細かいので 保水性で加工後の歩留まりが良く生産コスト軽減が考えられます また食感よく個性的食味が造られ易い 漬物 カット野菜などは効果が出ます

細胞導管細かく数多いため 野菜加工  味噌などは保水性高いほうが食味歩留まり良くな る パン ケーキなどのスポンジの生地は気泡細かく

いのは形崩れず食味食感よくなる  両者は水分 空気多いのは品質 食感食味よくなり生産コストの軽減が可能 

従って糖質多い作物は加工し易く歩留まりよくなります グルメの時代味がコストを下げ 消費者が口コミでPRしてくれます

人も自然の動物 添加物での味にかげりが見えていると思われ 素材の味を生かす加工食品かと考えられますので 検討ください

長年食品原料を扱い 成長している企業は原料にあるり 文化生活にも限界が来て 健康と食味で楽しむ傾向が強まっています