畑の妖精の主な成分と効能

  成  分    

     自然障害で保護的機能の糖質に他の効能の糖質 酸類  カルシュウムなどのミネラルを吸着    <分析・試験証明書あり>

 糖質の機能性

  抗酸化作用 <酸化抑制>  活性酸素軽減 <活性酸素は細胞に傷害与える > 低温  高温乾燥で細胞保護  成分変敗抑制鮮度保持>

      カルシュウムなどのミネラル吸収促進と作物体での保持 安定した糖合成促進>

  作 物 生 育   樹勢増強回復

  ・糖質が多く造られると根張り促進し  木硬く節間短く葉肉厚で小さく生育 糖質多い現われ> 畑の妖精で生育調整可能

  ※糖質が多く造れると細胞導管はキメ細かく数多く作られ丈夫になり 作物の形状は導管のネットで作られるが ネットの網目は細かく

   作られるので ネットに 糖質が蓄積されても形状が崩れにくく 肥大と品質よく  細胞が細かいので食感よく 糖質多く食味 肥大よくなる

   チッ素多いと上記生育できず軟弱徒長に生育 <天候よければ作よく相場は低迷>   ※不作時に多く収穫できる農業経営を

 健全な苗作り 活着初期生育促進と天候生育障害予防 

  畑の妖精は樹勢増強増で良花  着花捻実 食味 品質 肥大促進  チッ素過多改善   しおれ  軟弱徒長  生育不良改善 

  生育障害予防 根の障害予防改善   病害虫軽減<害虫 ダニ アブラムシ スリップス カメ虫など甲殻昆虫類>   気象異変と急変に効果的資材

    天候障害予防 

    高温乾燥多湿<日焼け> 低温霜害 日照不足 多雨多湿 多カン水<チッ素吸収過多> 同じ天気の持続などの障害予防改善

  ・障害の多くは糖質不足  チッ素過多での酸化  カルシュウムなど吸収悪くなる> 作物体の酸化   <特にチッ素酸化物> 

    ※ これらの障害の予防改善に畑の妖精は 障害での限度はありますが予防改善に効果的です 

    畑の妖精は多くの効能があるので疑問に思われること存じますが 多くの圃場での実践効果で説明です  ・善し悪いは施用者が決めるもの・

      肥大品質食味  障害と病虫害予防は糖合成の効率化  作物の肉は糖質  チッ素での増収には疑問

  

 樹勢が最大に弱る天気 作物によるが 生育適温より高温は糖合成減と体の糖質消耗で糖質不足による障害…

  高温乾燥多湿熱帯夜 日照不足多雨多湿などの持続糖合成不足と糖消耗で糖質不足で根張り鈍化で樹勢弱る 

    ※糖質は高温乾燥と低温でのエネルギー源と乾燥 に は保水性がある

    ・日照不足多雨多湿の持続から急な好天高温でしおれ 葉先枯れ 花落  念実不良と肥大期では多くの障害要因になる

   <上記天候は根張鈍化 糖合成低下で糖質不足から高温で糖消耗と体にチッ素残lり体の酸化で樹勢弱り障害伴う>

    対  策  畑の妖精施用   日照不足中 好天高温前に カン水か土壌散布  急ぐとき葉面散布

    特に日照不足雨多湿はチッ素過多で糖合成悪く根の鈍化 のため開花 肥大期には障害要因のため畑の妖精 多めに施用     


 

 根 菜 類