天候 生育障害と病害虫予防資材

天候生育障害の主な原因     ・ 多くの障害の主な要因はチッ素過多 ・    お勧め 予防に畑の妖精の土壌カン水 か散布 葉面散布

 ① 作物で異なるが天気による糖合成減と生育温度より高温では作物体の糖の消耗による糖質不足と体にはチッ素残り酸化

 ② 日照不足による糖合成減と多雨  多カン水によるチッ素吸収過多 <チッ素過多は糖合成に必要なカルシュウム等の吸収悪く糖合成減と体の酸化>

    高温障害の主な原因     好天高温による光合成 糖合成不足と酸化と紫外線増による細胞に傷害 <日焼け発生>

    予防対策 土壌に水溶性のカルシュウムなど施用  ・カルシュウム マグネシュウム など液体施用 

            ・畑の妖精の施用 <畑の妖精は活性酸素軽減と抗酸化作用の効能がある   多雨によるチッ素過多に効果的

     病害虫予防  病害虫発生要因の主な原因は糖質不足による樹勢低下と チッ素過多   <アルカリ性ミネラルの吸収不足による酸化が考えられる>

           ・土壌にケイ酸及びマグネシュウムの施用 <ケイ酸過剰はチッ素吸収悪くし食味低下>  ・畑の妖精一回濃く その後時々散布

           ・カビ病には活性酸の葉面散布  <カビは酸に弱い 無機酸に注意 ・高温 低温多湿に予防を>

   生物増殖には必ず好む 好まない成分環境あるので 害敵と有効生物の生態を把握しての予防対策 <病原菌は農薬で処理しても耐性菌が生まれる>

     畑の妖精は健全生育の姿 木硬く節間短く葉肉厚で小さく生育調整が可能で多くの障害に強く 食味肥大品質向上に効果的 ご相談下さい