作物生育と共生菌との関係

多種類の作物との共生菌は根の活性とともに酸素が必要で  共生菌は作物の生育温度で増殖すると考えられます

菌は増殖でガスを放出するのでガスと酸素交換に土壌の膨軟化が大事ですが マルチ栽培は通気を遮断するので 高温の

雨 カン水マルチでの通気遮断対策が必要  膨軟化を作る菌は 共生菌の仲間のカビで  カビ増殖に湿気と酸素を多く必要のためカビが膨軟化を作ります  カビ増殖の栄養は植物繊維<高分子>が良いです 

カビは消化酵素を多く造り 多種菌の仲間の栄養は異なりますが 消化酵素が土壌成分を低分子に消化の過程でそれぞれの菌と作物の栄養を造っています

病原菌増殖はチッ素酸化物と有害ガスと酸欠環境を好み増殖しますが  有効菌も成分環境で病原性に変貌するので管理に

注意することです 共生菌増殖にはカルシュウムなどのミネラルが必要の反面 病原菌増殖を抑え かつ酸化の中和し 高温

低温での保護的成分で 比較的 対照的ですので土壌造りに参考にされると良いですので

微生物と言われると難しく考えられますが  菌は増殖で匂いを出します <良い匂いは良い菌 悪い匂いは悪い菌ですので参考に>

醗酵肥料は高温で増殖する菌体である程度低分子化に処理のため良いカビの増殖に疑問と 有機質の多くが産廃で成分不

  明が多いため将来の土壌が心配

  特に動物性<獣の内臓>は土壌障害の原因で 施用で土壌消毒している土壌が数あります 

                                                                                                                                                                                                   <血液 貝の身はウイルス菌の増殖し易いデーターあり>

 昔は有機栽培のため土壌の団粒膨軟化が必要と言われていたが 化成肥料多様と手間かかる堆肥の施用の減少でカビ

     増殖の減少ととも 共生菌の減少などで土壌が悪化し 多くの障害要因から農薬の増大などが考えられる

★  生育改善と農薬軽減には各々土壌は異なりますので 小面積での改善の試験をしないと永遠に農薬から逃れれません

  ・研究機関は根の障害 病害虫 土壌障害などの改善に努めているとは考えにくいので 独自の対策が必要です・